歯が黄色い原因

歯が黄色くなる原因は日々の食事や生活習慣にあると言われていますね。まずお茶や紅茶、コーヒーを日常的に飲む方は色素が沈着しやすいですし、タバコを吸っている方は歯を見ただけで分るというぐらい汚れているものです。特に内側が黒くなるので歯科医が見ればすぐに分るようです。もともと歯が黄色かったり黒かったりする方もいらっしゃいますが、この場合はどんなに良い歯磨き粉で磨いても白くはなりませんので、他の方法を考えた方がよいでしょう。このような歯になってしまう原因の一つとしては抗生物質などの影響にもよります。今では子供の歯を黄色くするといって使用しなくなった抗生物質などが、昔は多く使われていました。もともと子供の頃から気になる方以外でしたら、歯の黄ばみは汚れですから、きちんとしたケアをする事によって本来の白さを取り戻す事ができるのです。トゥビーホワイトは普段使いにもできる歯を白くする歯磨き粉ですので大変おススメです。コーヒーを多くのまれる方やタバコを吸われる方は普通の人以上に歯のお手入れをしなければ、どんどん汚れてしまいます。かといって1日何度もゴシゴシ歯を磨く事は禁物です。歯の表面のエナメル質はとてもデリケートに出来ていますので、これを傷つけてしまうとより歯に汚れが付きやすく色も変わりやすくなってしまうからです。タバコを吸われている方は歯の汚れだけではなくて健康にも影響はありますので、禁煙が出来ない場合でも本数を減らすなどの努力をおすすめしたいと思います。歯が白くなると人から見た印象も変わります。清潔感のある白い歯はどこの国にいっても好感がもたれるものです。特に日本人は歯の意識が低い国民と言われていて歯並びも気にしない方が多いですね。世界的にみたら歯並びが悪いのも日本人の特徴のようですよ。人間見ためだけではありませんが、好印象なのは仕事にとっても人間関係にとっても良いことですよね。ぜひ気になる方はホワイトニングを初めてみてくださいね。